Introductory Module【1】 (イントロダクトリーモジュール1)について

・近年のボバース概念の発展に伴い、日本ボバース講習会講師会(Japan Bobath Instructors Training Association: JBITA)イントロダクトリー・モジュールにおける受講内容の改定を行いました。
・Module 1「姿勢,運動制御理論と検証体験」
  ボバース概念、姿勢・運動分析(観察とhands onにて)を立位⇔座位⇔背臥位と進める。
  患者治療(ライブもしくはビデオによるプレゼンテーション)
・Module 2 「中枢神経系の個別性追求作業」
  ボバース概念、臨床像の解釈(Upper motor neuron syndrome)、治療介入(立位⇔座位⇔背臥位における姿勢・運動分析に必要な構成要素について学ぶと共に体幹,末梢からのhands onによる治療介入について学習する)。
  ライブによるデモンストレーション。これらをボバース臨床実践モデル(MBCP)で説明。
・新しいModuleは2018年4月より開始します。2018年4月以降、初めてイントロダクトリー・モジュールを受講される方は、基礎講習会を受講される際、Module1・2の受講が必須となります。

*2018年4月以前にイントロダクトリー・モジュールを受講された方々へ
・2018年4月から開始される新しいイントロダクトリー・モジュールですが、2018年4月以降、初めてイントロダクトリー・モジュールを受講される方は、基礎講習会受講の際、Module1・2の受講が必須となります。
・しかし、 2018年4月以前にイントロダクトリー・モジュールを受講された方は、以前のModule1・2・3のいづれかを受講されていれば、基礎講習会へのお申し込みは受講後4年間可能です。
・皆様の積極的なイントロダクトリー・モジュールの受講と認定基礎講習会の申し込みをお待ちしております。
・不明な点がございましたら、JBITA事務局までお問い合わせください。

講習会目的
テーマ「姿勢,運動制御理論と検証体験」
・ボバース概念に基づいた姿勢,運動分析について討議する。
・神経学的な問題を持たない人の姿勢,運動の観察、分析とその為のスキルの向上を培っていく。
・ボバース概念の臨床実践と理論を関連付ける。
講習会カリキュラム
・講義:ボバース概念、姿勢,運動制御、臨床推論
・実技:姿勢,運動分析の実践(人間特有の二足直立⇔立位⇔座位⇔背臥位)
・患者治療:インストラクターによるライブもしくはビデオを用いてのデモンストレーション
・デモンストレーション後の討議
申し込みに対する注意
・申し込み多数の場合は事前終了させていただく場合があります。
・再度受講を希望する場合は改めて申し込みを行って下さい。
・選考漏れの場合は連絡いたします。
・メール受信が困難な場合がございますので、メールアドレスは携帯電話のものでなく、必ずパソコンで使用されているメールアドレスにて申し込み頂けますようお願い致します。
受講に関する諸事項
・日本における「ボバースアプローチ認定基礎講習会」の受講を申し込むための必須講習会です。
・地域、講師、期日が異なりますがカリキュラムは統一しています。
・スケジュールは概ね初日は9時~18時、2日目は9時~13時までとなりますが、開催場所によって時間の前後がございますので、詳細は各講習会事務局へお問合せ頂ければと思います。
・有効期間:受講後4年間
・受講資格:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(各協会に所属している事)、医師
・受講費用:12,000円(消費税別)、宿泊費・食費別
・定 員 :概ね30名
イントロダクトリーモジュール講習会【1】 イントロダクトリーモジュール講習会【2】
お申し込み
氏   名  (例:日本 太郎)  名字と名前の間に半角スペースを入れて下さい
カタカナ  (例:ニホン タロウ)   名字と名前の間に半角スペースを入れて下さい
ロ ー マ 字  (例:Taro Nihon)   修了証に使用しますので正確にお願いします
E-mail E-mai確認(再度入力)
生 年 月 日
所   属
部 署 名
所属先住所 (例:000-0000)

(残りの住所 例:文京区本郷××-××-××)
TEL (例:03-1234-0000)   FAX (例:03-1234-0000)
緊急連絡先  携帯など
性   別 Mr Ms 経 験 年 数
職   種 PT・OT・ST協会会員番号
PT・OTは協会入会者のみ
参加可能です
希望受講講習